リーダーは岸優太(きしゆうた)くん!!

岸くんって身長が167㎝と若干低めですが、何というか数値よりも背が高く見えますよね。たぶんスタイルが良いからですよね。あの足の長さは激クールです☆
 
またイケメンすぎるほどにイケメン!前髪を下せば、ジャニーズの王道的なカワイイクールというか、そしておでこを出すとそのストレートな目力がリアルに胸キュンです!!
 
余談ですが、平野くんと少し似てますよね。ツーショットのグラビアなんかがあると双子みたいです☆
 
 
そして岸くん、なんといってもキンプリのリーダー!!少し天然な側面もありますが、人に好かれる存在感がガチでズバ抜けてますよね。これも一種の才能というか、やはり表舞台に立つべくして立っている、そんな印象を受けます。また普段から垣間見える礼儀正しさや謙虚な姿勢など、どんどん応援したくなる魅力が溢れています。
 
 
また蕎麦好きという一面も管理人かなり共感してしまうというか。和風なチョイスに実直さを感じてしまったりもするのです。
 
 
今後も愛されキャラとして末永く頑張ってほしいですね☆
 
 
 
 
 

平野紫耀(ひらのしょう)くんの存在感

平野くん。名前がちょっと難しいですが紫耀と書いて「しょう」と読みます。
 
キンプリのセンターを司る平野くん。またメンバーの中でいち早くソロとしての活躍も目立ち、平野くん経由でキンプリを知った方もたくさんいらっしゃると思います。
 
実際デビューシングルの発売以前から、映画「honey」やドラマ「花のち晴れ~花男 Next Seazon~」に出演。その好演技でたちまち日本全国の女子の虜に☆
 
 
また平野くんといえばやはり真っ先に思い浮かぶのが、まずジャニーズの王道的イケメン。よく芸能人の方で実際に会うとテレビよりも数倍魅力的だったりしますが、平野くんもリアルで会ったらさらに激クールなのではないでしょうか☆
 
 
さらに平野くんを体現するキーワードとして象徴的なのが、いわゆるギャップ。映画「ういらぶ」では好きな女の子にドSの傍ら、ホントは好きで好きでたまらないといったまさに振幅が広すぎるキャラを演じていましたが、実際の平野くんもイケメンの傍ら、時折見せるガチ不思議発言も最高です♪ 
 
ただ何というかそういった天然キャラの半面、思わずハッとするような本質的な発言をしたりするので油断なりません。平野くんおそるべしです。
 
 
そしてステージで魅せる圧倒的なキレキレのダンス。これはいわゆる肉体美というか、普段から真摯に体づくりをされている証拠ですね。
 
 
今後も平野くんから目が離せません☆
 
 
 
※ 美ST 2019年8月号でソロ表紙!! ⇒⇒ 詳細情報はコチラ!!
 
 
 

 
 

永瀬廉(ながせれん)くんのトークスキル

永瀬廉くんといえば、その卓越したイケメンも見逃せないですが、いわゆるトークスキルがガチで映えますよね。
 
以前しゃべくり007に登場した際は、頭の良さを思わせるロジカルな展開の早さ、そしてかつ面白いという魅力が全開した瞬間でした。実際キンプリでも永瀬くんがMCを担当することが多いです。
 
またときに舌鋒鋭く批評を展開するときもあり、いわゆるクールキャラから目が離せません。
 
 
そして最近(2019年5月現在)は、映画「うちの執事が言う事には」で主演を演じ、公開前からかなり話題となっています。
 
そもそもメンバーの中で主演を演じるのは平野くんに続き2番目となりますが、しかしやはり1本の映画を主演するとなると、計り知れないプレッシャーがあると思われます。
 
ただそのプレッシャーと同じくらい、主役をまかされた嬉しさ、そして楽しみといったポジティブな気持ちもたくさんあるようで、是非イイ演技を期待したいところ☆
 
実際主役の花穎と共に自分も成長していきたいという発言もありますので、今後の永瀬くんにさらに期待したいですね。
 
 
 
 
 

 

神宮寺勇太(じんぐうじゆうた)くんは元空手家の、、

神宮寺くんといえば、アイドルとしては珍しく空手の実戦経験があります。しかも黒帯、さらには中学時代、全国大会で準優勝という文句なしの実績!
 
キンプリ結成前、2010年代前半はいわゆるチャラ系なイメージもありましたが、ただここに強さとしてのアドバンテージが加わると、そのギャップも相まって、かなり魅力的ですよね。
  
 
そしていわゆる国民的彼氏というキャッチも有名。もちろん外見やスタイルがイイ!こともありますが、なんというか包容力というか、時折見せるクールで落ち着いた雰囲気もその要素の一つじゃないかと思います。
 
実際キンプリや自身の方向性を模索するときも、つねにロジカルで客観的な思考を崩しません。こういった側面、いわゆる内面と外見の両輪がつねにハイクオリティなんですよね。
 
 
今後の神宮寺の活躍にさらに期待したいです☆
 
 
 
 
 

  

高橋海人(たかはしかいと)くんのダンスと演技力

高橋海人くんといえばまず真っ先にそのキレッキレのダンスが思い浮かびます。
 
神宮寺くんが学生時代空手を習っていたそうですが、高橋くんも幼稚園時代からダンスに習熟していました。しかもただ習うだけでなく小学生の頃に全国優勝を果たすというガチで凄い経歴の持ち主です。
 
またキンプリのメンバーの中では最年少ということもあり、いわゆる弟キャラが可愛過ぎですね。
 
 
そして高橋くん、昨年、日本テレビのシンドラ「部活好きじゃなきゃ、ダメですか?」にも出演したのですが、圧倒的、といいますか、その演技力の高さがガチで話題となりました。普段はわりとゆるキャラの高橋くんですが、なんというかひとたび役になりきるとガラリと印象が変わりますね。しかも無理に作るわけでもなく、自然にスッと役に入り込むというか、、
 
 
つまり高橋くん、ダンスはハイスキル、愛されキャラ、演技も器用と魅力的な要素が抜群☆今後高橋くんがどこまで進化していくのか、非常に楽しみです♪
 
 
 
 

岩橋玄樹(いわはしげんき)くんの可愛いキャラ

岩橋玄樹くんといえば、女子っぽいその見た目に思わず胸キュンしてしまったファンがたくさんいるのではないでしょうか。いわゆる母性本能を擽るその童顔フェイスで多くの女性を虜にしています☆
 
ジャニーズのカッコよさと一口に言っても色々ありますが、岩橋くんほど可愛いクールな面持ちのアイドルは正直見たことがないというか、そのキラキラオーラがガチで凄いですよね。ちなみに何度か女装姿を見たことがありますが、やはりというか可愛さの安定感が凄かったです。
 
一方、内面、性格は非常に男らしいというか、野球に打ち込んだ少年時代にはじまり、実直な負けず嫌いな側面もあります。
 
 
そして多くの方が周知のとおり、この記事を書いている2019年5月現在、岩橋くんはパニック障害で療養中です。岩橋くんやキンプリを応援するファンとしては、ゆっくり休んでほしい気持ち、そして再びステージで岩橋くんを見たい気持ち、いろんなたくさんの想いがあります。6人揃ったキンプリをまたいつの日か☆
 
 
 

 

nonno(ノンノ)8月号 2019

キンプリが表紙を飾る!雑誌、non・no(ノンノ)2019年8月号!!

アルバムを発売するキンプリ☆そしてこの前後にアツイ展開!!
 
キンプリのノンノ初表紙が来たよ!!
 
去年のデビュー時期とか、ananの表紙を飾ったり、他の雑誌でもたくさんキンプリが表紙に登場してたから、ノンノの初表紙ってちょっと意外ですよね。
 
でもやっぱりウレシイです☆
 
 
本誌では、キンプリによる今まで、そしてこれからがたくさん語られているとか。メンバーの集合写真や、リラックスした笑顔の組みフォト、さらにピンナップもついてくるなんて最高☆
 
ちなみに発売日は2019年6月20日らしいです♪
 
 
 
 
 

 
 
 

FINEBOYS(ファインボーイズ)の表紙に岸優太!7月号

FINEBOYS(ファインボーイズ)2019年7月号

男性ファッション雑誌として大人気のFINEBOYS(ファインボーイズ)。このFINEBOYS2019年7月号の表紙を岸優太くんが飾ることになりました☆先日から通販ランキングでFINEBOYSがちょくちょく登場してましたので、おや何か注目記事でも?と思っていたら、カバーで岸くんが登場ということで、予約の売れ行きに納得です☆