鬼滅の刃(漫画)は売り切れ?再入荷はいつ?

※2019年10月19日追記

漫画、鬼滅の刃のコミックが売ってない(汗)、、?再販や重版、お取り寄せや増刷,再入荷予約など

この間17巻が発売されたばかりの鬼滅の刃ですが、その17巻も含め、これまで発売されたコミックの在庫が売り切れ続出!!物凄い人気となっています。
 
例えば特装版であったり限定版が売り切れになるのはそう珍しいことではありませんが、通常版しかも過去巻が軒並み在庫希少になるという事態は、ここ最近のコミックジャンルではそうそうなかったですよね。
 
 
ただ2019年10月19日現在、いくつかの店舗で在庫が復活していたり、入荷予約の受付も始まっている模様です。ただいつ売り切れになるかわかりませんので、この点は注意したいところです。
 
そこで一応下記に漫画、鬼滅の刃(コミック、1巻~17巻)の通販の紹介ページを貼っておきました。気になる方は是非お役立てください☆
 
 
 ■セブンネット ⇒⇒ 予約チェック!!
 
 ■チェック!!⇒⇒ Amazon
 
 
 ■ チェック!!⇒⇒ 鬼滅の刃、楽天
 
 ■ヤフーショッピング⇒⇒ チェック!!
 
 ■チェック!!⇒⇒ 紀伊國屋書店
 
 
 ■チェック!!⇒⇒ TSUTAYAオンライン
 
 ■Wowma!(ワウマ)⇒⇒ チェック!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

吾峠呼世晴先生が執筆されている鬼滅の刃。連載開始は2016年ですから約3年前ですね。ただその前身は、2013年の第70回JUMPトレジャー新人漫画賞に遡ります。ここで佳作を受賞した「過狩り狩り」が、現在の鬼滅の刃の原初的な作品です。
 
そしてその悲喜こもごもな作品性は、回を追うごとに多くのファンの支持を得ます。その後進化を続けた鬼滅はあれよこれよという間にジャンプの大人気連載作品となりました。さらに2019年春より待望のアニメ化が実現!この展開により鬼滅の刃はさらに多くのファンを獲得するに至っています。
 
作品のベースにあるのは家族。これだけだと一見ベタですが、しかしここを非常に美しく描くというか、家族を想うその愛情の深さに一気に感情移入してしまいます。
 
また対比構造として「鬼」が挙げられますが、その鬼から見た観点も丁寧に描かれており、単純な勧善懲悪ではないところが、物語をより一層深くしています。
 
 
ですので鬼に対するリベンジという側面だけでなく、そこを踏まえた様々な要素が盛り込まれたプロセスが全体として一貫しています。
 
 
また時としてガチで説得力のあるセリフが、いきなり飛び込んできたりして、吾峠呼世晴先生ってホントに新しい作家なのかな?などと、いらぬ疑念を持ってしまったりしますw
 
 
今後もさらなる進化を期待したいところ。管理人も急ぎコミック全巻を揃えたいと思います。

■■■⇒⇒ 漫画、鬼滅の刃(コミック)の予約詳細はココ!!
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

鬼滅の刃18巻の在庫&売り切れは?

鬼滅の刃18巻が売ってない(汗)、、?再販や重版、お取り寄せや増刷,再入荷予約など

2019年秋、猛烈な人気となっている鬼滅の刃。当ブログの記事でもお伝えしている通り、既刊の1巻から17巻が全国的に売り切れ続出!ガチでフィーバーな人気です。
 
そしてついに最新巻である18巻の発売が正式に決定!!
 

 
 
そこでこの記事では18巻の予約情報などをお伝えしていきます☆
 
 
 

通販速報!!

まず発売日は2019年12月4日☆収録予定として、おそらく152話から160話が掲載されるのではないかと思います。
 
またこの記事を書いている2019年10月19日18:00時点で、楽天ブックスとアマゾンで予約が開始されました。
 
紹介ページは以下に↓貼っておきます。今回も人気必至ですね☆
 
 
 ■楽天⇒⇒ 鬼滅の刃 18巻
 
 ■ ⇒⇒ セブンネット で チェック !!s
 
 ■Amazon⇒⇒ 予約チェック!!
 
 
 

 

 

 
 

単行本(漫画)の完成度

この間久しぶりにネットでアニメを視聴してみました。
 
1話から6話まで一気に見てみました。
 
 
こういうふうに見たいときにすぐに見れる。それこそワンクリックで見れる環境というのはホント有難いですね。大昔ならビデオでしょうし、DVDでもセットしないと視聴できませんからね。ネット文化に感謝です。
 
 
で、何度見てもクオリティ高すぎィィッッ!!
 
線画の太さや細さの微妙な強弱はもちろん、顔かたち、構図、動き、そしてそれに付随する音楽やセリフ、この抜群な完成度は一体何なんだと。大げさでなく見るたびに驚いちゃうんです。
 
 
また炭治郎の良い意味での正統派主人公キャラというか、情にアツく、正義感溢れ、努力を惜しまず、善のために闘う、、、そしてここが非常にうまく描かれてますよね。
 
 
そしてアニメを見た後はコミックで同じ場面を読み返す(これ好きなんですw)。
 
で、やはり単行本(漫画)の完成度がベースにあるからこそ、アニメもハイクオリティになるんだなと改めて実感します。
 
 
やはり抜刀時の緊張感を魅せるコマ割りや展開は素晴らしいですし、動きも動画なんじゃないかというくらい躍動感タップリです。
 
 
華麗な闘い、というとちょっとベタな表現かもしれませんが、刀を漫画で描くことにおいて吾峠先生のスキルは半端ないですね。凄みさえ感じてしまいます。
 
 
そしていよいよ発売の18巻!こちらも見逃せませんね☆
 
 
■■■⇒⇒ 売り切れ注意!!鬼滅の刃18巻の予約詳細はココ!!