テセウスの船(漫画)は売り切れ?在庫や再入荷は?

テセウスの船(漫画、単行本)が売ってない(汗)、、?再販や重版、お取り寄せや増刷,再入荷予約など

いよいよ公開された実写版「テセウスの船」。その怒涛の展開と息も付かせぬ波乱の連続に、一話目から大反響となっています☆
 
そして原作の漫画(単行本)も、ドラマ放映直後からさらに人気爆発!!注文が殺到し、現在売り切れのお店が多数出ている状況となっています。
 
 

 
 

どんなドラマなの?

テセウスの船は雑誌「モーニング」にて、2017年から2年間連載された作品が原作。
 
無差別殺人の犯人の父親を持つ息子が、過去の謎を解き明かすために紛争する物語です。
 
いつの間にか過去にタイムスリップしていた主人公の田村心、そしてそこで出会ったのは父親の佐野。この驚愕の事象からノンストップで
展開するストーリーから目が離せません。
 
 

通販


なお通販でゲットされたい方はコチラ↓↓からどうぞ☆
 
 
 ■セブンネット ⇒⇒ テセウスの船(漫画、単行本)
 
 ■チェック!!⇒⇒ テセウスの船(漫画、単行本)、楽天
 
 
 ■チェック!!⇒⇒ Amazon
 
 ■ヤフーショッピング⇒⇒ チェック!!
 
 
 ■チェック!!⇒⇒ 紀伊國屋書店
 
 ■チェック!!⇒⇒ TSUTAYAオンライン
 

 

 
 
 
 

過去の狭間に

自分は事前の情報や先入観なしにテセウスの船を読み始めました。
 
第一話は主人公と彼を取り巻く過去、そして現在の物語と、いわゆるサスペンス、リアルな現実を舞台としたストーリーが続くと思っていたんです。
 
ところが二話目で夢かうつつか、やや幻想的なシーンが連続し、はて?と思っていたところ、なんとタイムスリップ!!
 
もうその後はページをめくる手が止まらないというか、ノンストップですよね。変えれなかった過去と変えたい過去の狭間で揺れ動く主人公。
   
1話のリアルっぷりがギャップや反動となって、この展開はガチで驚きました。
 
 
自分の父親に犯人であってほしくない、犯人だったら止めなければならない。またその最中に周囲から疑いの目を向けられる自分。この揺れ動く展開がガチでハラハラものです。
 
 
またシリアスなだけでなく、ときおりコミカルなシーンも描かれており、この緩急のあるプロセスもイイ☆ですよね。
 
さらに北海道の方言も時々出てきます。そうしたら、という意味の「したっけ」とか、だけどという意味の「したけど」、語尾の「べか?」など、ここらへんも見ていて和みますよね。
 
 
今回はドラマが放映開始されましたが、ドラマと一緒のペースで漫画を読むのも良いですし、展開が待ち遠しくて漫画で一気読みする方もたくさんいそうです。いずれにせよドラマ共々見逃せませんね☆
 
 
■■■⇒⇒ テセウスの船(漫画、単行本)の通販詳細はココ!!