ズワイガニについている、黒いつぶつぶって何?

たまにズワイガニについている、黒いつぶつぶがありますよね?
 
あれ、見た目ちょっとキモいですので(笑)、なかには敬遠する方もいるかもしれません。
 
そしてその正体は、ズバリ カニビルの卵。寄生虫の一種のようですが、人間に悪さはしないので、とくに心配する必要はないようです。
 
 
で、一般的に、ズワイガニは脱皮します。ところがこの脱皮前には栄養を使うので、つまりこの時期には実入りが減少してしまいます。
 
ただカニビルの卵がついているということは、脱皮してから時間がたっている証。つまり卵があるほうが美味しいといわれていますが、この諸説には反対意見もあるらしいです。
 
 
以上本日はズワイガニの黒いつぶつぶについて記載してみました☆
 
 
 
 

 

SNSでもご購読できます。