胃に良い食べ物とは?

さてこの間は胃が弱っているときに食べないほうが良いものとして、お酒や多めの脂質、そして香辛料などを挙げました。
 
そこで今回は、逆に食べたほうが良いものを色々記載してみたいと思います。
 
 
まずはキャベツですね。
 
キャベツはキャベジンなどでもおなじみ、胃の味方!
 
まず豊富に含有されているビタミンUが胃の粘膜の保護や血流の促進をしてくれます。ビタミンUはもともと胃痛薬にも含まれており、キャベツはこれを食材から補給できます。
 
 
また大根も良いですね。大根、とくに大根おろしは消化酵素のジアスターゼが含まれているので、胃の消火活動を助けてくれます。
 
 
さらにリンゴ。リンゴは有機酸やペクチンが消化を助けてくれます。
 
 
以上が胃にやさしいお役立ちの食材です。
 
もちろんまだ他にもありますので、また機会がありましたら記載してみたいと思います。