Myojo(SixTONES、ストーンズ)12月号は在庫あり?売り切れ?

Myojo2019年12月号 ストーンズ、SixTONES表紙版が売ってない(汗)、、?再販や重版、お取り寄せや増刷,再入荷予約など

Myojo(ミョウジョウ)12月号ではSixTONES表紙版がいよいよ発売され、物凄い人気となっている模様です。事前の予約人気も凄かったですね。
 
 

 
 
ちなみに発売前の時点(2019年10月11日8:00)で、楽天ブックス総合ランキング6位、アマゾン雑誌売れ筋ランキングで3位、セブンネット売れ筋ランキング1位を記録。
 
とくに楽天とセブンでは総合ランキング上位に入っており、雑誌メディアが総合カテゴリにランクインするのは非常に珍しいです。それだけSixTONES(ストーンズ)の人気が高いことの証明ですよね。
 
 

通販インフォメーション


今回ご紹介したMyojo2019年12月号 SixTONES表紙版発売日は2019年10月21日でしたが、早くも当日から在庫切れや売り切れが目立ち始めている状況。ただいつ再入荷するかわかりませんので、ゲットされたい方はマメにチェックするのも手ですね。
  
通販の紹介ページは下記から参照できます♪
 
 

 ■楽天⇒⇒ Myojo SixTONES
 
 ■ ⇒⇒ セブンネット で チェック !!s
 
 
 ■⇒⇒ ヤフーショッピングでチェック!!
 
 ■Amazon⇒⇒ チェック!!
 
 
 ■紀伊國屋書店⇒⇒ チェック!!
 
 ■ハイブリッド書店 honto⇒⇒ チェック!!
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
SixTONES(ストーンズ)といえば、ジャニーズですのでイケメンレベルの高さ、スタイルの良さは当然として、パフォーマンスの部分での実力もハイスキル。
 
自分たちの楽曲のオリジナリティ、そして他の楽曲でもしっかりとSixTONES(ストーンズ)としてのベースが伝わってきます。
 
さらにMCでは、ツッコミ、天然、ロジカル、スマイルと、各メンバーがそれぞれ明確に役割を持っているかのような、的確なトークスキルを展開してくれます。
 
 
つまりSixTONES(ストーンズ)を見ていると、全く飽きが来ない。そして見れば見るほど、どんどん彼らを知りたくなってくるのです。
 
 
ただだからといって彼らはこれまで順風満帆に来たわけでは決してありません。ドラマでの集結、ライブ、そして分裂、さらに再合体と、紆余曲折のジュニア時代をそれぞれ過ごしてきました。
 
 
そのため最近の露出の多さはずっと応援し続けてきたファンにとっては、思わず快哉を叫びたくなるほど、嬉しい状況☆今回のMyojoもとっても楽しみです!
 
 
■■■⇒⇒ 売り切れ注意!!Myojo2019年12月号 SixTONES表紙版の予約詳細はココ!!