転生(貫井徳郎)

好きな作家さんの小説。10年位前に一度読んだことがあります。
 
ただこの時期は貫井さんの色んな小説を一気読みしていた時期だったので、今回の「転生」もちょっと記憶が朧な部分があり、改めて読み直してみようと思いました。
 
実際読み進めてみるとページをめくる手が止まらない!やはり貫井さんの小説は面白過ぎます。
 
 
心臓移植手術を行った主人公が、手術前と違った食事の趣向や特技を持つようになり、それに疑問を感じ、、といったミステリアスな展開。
 
幸い?オチは覚えていないので、まるで初めての作品を読むような新鮮さです。
 
おそらく2,3日で読破してしまいそうですが、また他の小説で貫井ワールドにどっぷり浸かってみたいとも思っています。

SNSでもご購読できます。