図案スケッチブックのムック本(ZUAN LOVE!)は売り切れ?在庫あり?

マルマン、図案スケッチブックがある毎日、ムック本(ZUAN LOVE!)が売ってない(汗)?再販や重版、お取り寄せや増刷,再入荷予約など

マルマン図案スケッチブックといえば、ほぼほぼ誰でも目にしたことのある、いわば国民的スケッチブックですよね。
 
今回、このマルマンの図案スケッチブックがムック本で登場!!
 
早くも注文が殺到している模様です☆
 
 

 
  

ポーチが付録!!

今回SNSなどでも話題となっているのが、スケッチブックのデザインを踏襲したポーチの付録!!
 

※参照 セブンネット
 
 
これはガチで可愛いですよね!持ってるだけでもナイスなデザインです☆
 
またファスナーの取っ手には、浅野みどりさんによる、これまたキュートなチャームもついてます!
 

※参照 セブンネット
 
 
そのファスナーを開ければ、豊富な仕切りとポケットが実装された、じゃばら仕様!とても実用的&機能的なデザインとなっています!
 
ノートはA5サイズがしっかり収まります。
 

※参照 セブンネット
 
 
  
開口部が広いので、出し入れもスムーズに進みそうです。ちなみにサイズは、横幅24×高さ16.5×マチ1cmと、ポーチとしては程よい大きさ。
 

※参照 セブンネット
 
 
図案スケッチポーチに図案スケッチブックを入れるという、なかなかナイスな使い方もできます!
 

※参照 セブンネット
 
 
 
 

本誌内容

ちなみに今回ご紹介したマルマンは、創業100周年を迎えます。
 
そしてそれに合わせた記念の限定アイテムも続々と発売予定!
 
冊子ではこのニューアイテムがたくさん紹介されていますよ☆
 
 

通販&オンライン書店の販売状況


なお図案スケッチブックがある毎日、ムック本(ZUAN LOVE!)発売日は2020年4月15日でしたが、発売直後から注文が殺到し、現在たいへんな人気となっているようです(汗)
 
  
 ■楽天 ⇒⇒ 図案スケッチブックがある毎日、ムック本(ZUAN LOVE!)
 
 ■セブンネット⇒⇒ 図案スケッチブックがある毎日、ムック本(ZUAN LOVE!)
 
 
 ■チェック!!⇒⇒ Amazon
 
 ■ヤフーショッピング⇒⇒ チェック!!
 
 ■チェック!!⇒⇒ 紀伊國屋書店
 
 
 ■チェック!!⇒⇒ au Wowma!(ワウマ)
 
 ■チェック!!⇒⇒ TSUTAYAオンライン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
  

図案スケッチブックとテレビ

2年くらい前でしたか、深夜にタモリ倶楽部を見ていたんです。
 
今日のテーマは何かなー?と思っていたら、なんとマルマンのスケッチブックが登場した時がありました。
 
何でも、テレビ番組の収録などに使われる「カンペ」。このカンペとしてよく使用されているのが、マルマンのスケッチブックということ。
 
収録ではマルマンさんからスタッフの方も登場して、このスケッチブックを大解剖する特集が組まれていました。
 
 
実際そのデザイン、そして機能性とともに幅広く高い支持率を得ており、日本人でこのスケッチブックを知らない方はほとんどいないのではないでしょうか。
 
 
ちなみにマルマンは創業100周年ですが、この放送の2018年時点でスケッチブックは60周年を迎えたのだそうです。
 
今回のムック本の発売で、さらに人気が上がってほしいですね☆
 
 
■■■⇒⇒ 売り切れ注意!!図案スケッチブックがある毎日、ムック本(ZUAN LOVE!)の予約詳細はココ!!
   
 
 
 
 
 
 

 

EYE-AI(アイアイ)4月号 2020を予約!

雑誌、EYE-AI(アイアイ)4月号 2020の予約&発売日情報!!在庫や売り切れは?

EYE-AI(アイアイ)4月号 2020が3月に発売されることが告知されました!!
 
 

 
  

ジャニーズアイランド特集!!

さて大盛況のうちに幕を閉じた、ジャニアイことジャニーズアイランド。
 
そして今回のジャニアイで中心的役割を果たしたのが、キンプリの平野紫耀くん、永瀬廉くん、高橋海人くんの3人。ジャニアイのキラキラな舞台に3人が登場し、さらに雰囲気がビシッと締まりました☆
 
またセリフのひとつひとつ、そこに付随した動き、パフォーマンス、どれをとっても素晴らしかったですね。昨年からハードな練習を積み重ね、今回の舞台に真摯に向き合ってきた姿勢が垣間見えました。
 
 
最近は円盤化の要望も多く見受けられ、もう一度見たいというファンが増えてきているようですね。
 
今回のEYE-AI(アイアイ)4月号 2020では、ジャニアイを総力特集!
 
もともとEYE-AI(アイアイ)は海外向けの書籍ですが、ジャニアイの記事には日本語訳が付いているとのことで、安心して読めますね。
 
あの煌びやかな舞台が、今一度誌上で再現されます。これは楽しみです☆
 
 

通販&オンライン書店の販売状況

なおEYE-AI(アイアイ)4月号 2020発売日は3月上旬が予定されています。
 
いくつかの通販では予約がスタートしたようです☆※在庫切れ、売り切れ注意!!
 
 
 ■楽天 ⇒⇒ EYE-AI(アイアイ)4月号 2020
 
 ■セブンネット⇒⇒ EYE-AI(アイアイ)4月号 2020
 
 ■ヤフーショッピング⇒⇒ チェック!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

キンプリ表紙版のMORE(モア)4月号 2020

雑誌、MORE(モア)4月号 2020(キンプリ表紙版)

雑誌表紙の特別版として、定期的にキンプリ表紙版が発売されます。今回はMORE(モア)4月号 2020にてついに発売されました!!
 
そしてさすがのキンプリ☆早くも多数の注文が入っています♪
 
 

  
 

通販&オンライン書店の販売状況


なおMORE(モア)4月号 2020(キンプリ表紙版)発売日は2020年2月28日でしたが、ただ人気雑誌の場合、発売の告知から一気に注文が殺到し、予約分の在庫が切れてしまうケースも多いです。今回も前述の通りかなりの反響となっていますので、気を付けたいところですね(汗)
 
 
 ■楽天 ⇒⇒ MORE(モア)4月号 2020(キンプリ表紙版)
 
 ■セブンネット⇒⇒ MORE(モア)4月号 2020(キンプリ表紙版)
 
 
 ■チェック!!⇒⇒ Amazon
 
 ■ヤフーショッピング⇒⇒ チェック!!
 
 
 ■チェック!!⇒⇒ 紀伊國屋書店
 
 ■ハイブリッド書店 honto⇒⇒ チェック!!
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 

もうすぐデビュー2周年

シンデレラガールがつい昨日のことのような気もしますが、今年の春でキンプリもデビュー2周年を迎えます。
 
すでに人気、知名度ともに盤石の体制となった感もあるキンプリ。
 
今年はどんなシングル、ライブ、そして映画やドラマ出演を見せてくれるのか、非常に楽しみなところですね。
 
 
そういえば最近、SixTONESとSnowManがデビューを果たしました。同日デビューということもあり、良い意味でライバル関係にある彼ら。
 
しかしキンプリも以前は、Mr.KingとMr.Princeという違うユニットを組んでおり、互いに互いを意識しあう関係でした。ふたつのグループが合体する、というのはそれほど良くあることではありませんが、しかし今では彼らがもともと違うグループであったことは、全く感じないですよね。言われなきゃわからないというか。
 
そしてそう感じさせないほどの仲の良さというか、すでにひとつのユニット、キンプリとしての結束力は凄いものがありますね。
 
 
今回のMORE(モア)4月号 2020でもキンプリとして魅力的な表紙を飾ってくれるのではないでしょうか☆期待したいです♪
 
 
■■■⇒⇒ 売り切れ注意!!MORE(モア)4月号 2020(キンプリ表紙版)の予約詳細はココ!!
   
 
 
 
 
 
 

石田ゆり子のフォトエッセイを予約!LILY’S CLOSET(本)

石田ゆり子、フォトエッセイ「LILY’S CLOSET(本)」の予約情報!!

石田ゆり子さんのフォトエッセイLILY’S CLOSET」が発売されることが決まりました☆
 
 

 
 
何年か前にも書籍を出版された石田さん。今回も前回同様、予約段階から人気が高いです♪
 
 

発売日はいつ?まだ通販や本屋で注文できる?


なお石田ゆり子、フォトエッセイ「LILY’S CLOSET(本)」発売日は2020年7月9日が予定されています。※在庫切れ、売り切れ注意!!
 
 
 ■Amazon ⇒⇒ 石田ゆり子、フォトエッセイ「LILY’S CLOSET(本)」
 
 ■楽天 ⇒⇒ 石田ゆり子、フォトエッセイ「LILY’S CLOSET(本)」
 
 
 ■チェック!!⇒⇒ セブンネット
 
 ■ヤフーショッピング⇒⇒ チェック!!
 
 
 ■チェック!!⇒⇒ 紀伊國屋書店
 
 ■チェック!!⇒⇒ TSUTAYAオンライン 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

どんな本なの?気になる中身や内容は?

おそらく表紙だと思いますが、
 
「石田ゆり子のクローゼットを開けてみた!」
 
という引き寄せ抜群なキャッチが掲載されています。
 
 
女性からの支持率も高いゆり子さんのクローゼット。ファン以外の方でも、見てみたいと思う方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
 
今回の書籍の刊行に際し、こういった部分が発売のきっかけとなったようです。
 
 
本誌ではワードローブ、つまりクローゼットとともに、ゆり子さんお気に入りのアイテムなども、フォトエッセイとして掲載。
 
ゆり子さんの優しい言葉と文体で、一気に引き込まれそうです☆
 
 
実際デザインへの興味、お買い物をする際のショップの方との会話、さらにファン必見の創作ノート、そしてこちらも見逃せません!パリにおけるフォト日誌も併せて収録!
 
 
これはズバリ言って要注目の一冊となりそうですね☆
 
 
■■■⇒⇒ 売り切れ注意!!石田ゆり子、フォトエッセイ「LILY’S CLOSET(本)」の予約詳細はココ!!