FF8は3人パーティ

これまでのFFシリーズを振り返ると、意外と3人パーティが多いんですよね。
 
FF8も3人構成です。
 
この3人パーティは古くはドラクエⅡが最初ですが、なかなかどうして緊張感のある構成になるんですよね。
 
まず攻撃主としてのアタッカー。これはスコールなど主人公がだいたい当てはまります。ここはまず定番で外せないんですよね。
 
すると攻撃や防御の補助役、攻撃魔法役、回復魔法役。この3役を残り二人で回す必要があるわけです。
 
どうしても攻撃したくて回復役を攻撃魔法に回すと、あっという間にピンチになったりして(笑)。ボクシングでいうところにヒット&アウェイじゃないですけど、攻守バランスよく組み立てていかなければなりません。
 
また前述した通り、敵モンスターのレベルも上がっていくのがFF8。そしてこの3人パーティと、通常戦闘でも一定以上の緊張感を味わうことができます。
 
 
 
 
 
 
 

BAILA(バイラ)8月号に目黒蓮、SixTONES!売り切れや在庫は?

目黒蓮、SixTONES登場!BAILA(バイラ)8月号 2020が売ってない(汗)?再販や重版、お取り寄せや増刷,再入荷予約など

先日、BAILA(バイラ)8月号 2020に、SixTONES、そしてSnow Manの目黒蓮くんの登場が告知されました。
 
 

 
 
そして現在、注文が殺到している様子で、たいへんな人気となっています。
 
 

発売日はいつ?まだ通販や本屋で注文できる?


なおBAILA(バイラ)8月号 2020発売日は2020年7月10日が予定されています。※在庫切れ、売り切れ注意!!
 
 
 ■楽天 ⇒⇒ BAILA(バイラ)8月号 2020
 
 ■Amazon ⇒⇒ BAILA(バイラ)8月号 2020
 
 
 ■チェック!!⇒⇒ セブンネット
 
 ■ヤフーショッピング⇒⇒ チェック!!
 
 
 ■チェック!!⇒⇒ 紀伊國屋書店
 
 ■ハイブリッド書店 honto⇒⇒ チェック!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SnowMan 目黒蓮くんと過ごす二人きりの休日

これまたリアルに見逃せない特集が掲載されることになりました☆
 
今回、バイラに蓮くんが出てくれるだけでも嬉しいのに、その企画内容と来たら!なんとおうちデート的グラビアじゃないですか☆
 
これは胸アツです。うれしいです。やっぱりドキドキしちゃいます。
 
で、実際先行公開されたショットを見てみたら、ベッドでパジャマ姿の目黒蓮さまが登場!このプライベート感最高過ぎです!
 
また掲載されるのはグラビアだけでなく、恋愛観などを語ったインタビューも収録!これはリアルに要チェックですね♪
 
 
■■■⇒⇒ 売り切れ注意!!BAILA(バイラ)8月号 2020の予約詳細はココ!!
 
 

SixTONES Jの鼓動!

そしてそして、バイラ8月号にはSixTONESも登場ッッ!!
 
この展開、正直アツ過ぎ、、。ガチでバイラさんやってくれます☆
 
ちなみに登場テーマは、BAILA×Jの鼓動と紹介されていますね。
 
実際こちらも先行公開された誌面を見てみるに、躍動感タップリに誌面を飾るSixTONESのメンバーを見ることができました。今まさに動き出しそうな、そんなフォトが印象的です。
 
 
■■■⇒⇒ 売り切れ注意!!BAILA(バイラ)8月号 2020の予約詳細はココ!!
   
 
 
 
 
 
 
 
 

表紙

BAILA(バイラ)8月号 2020の表紙はヨンアさんが予定されています♪
 
 

ポケッタブルHAPPYショッピングトートが付録!!

また今回の付録は、イラストレーターとして大人気、スペインのMia Charro(ミア・チャロ)さんとのコラボ、ショッピングトートが付録についてきます!
 
このトート、とっても色鮮やかなパステルグリーンが映える☆仕様で、まずそのデザインが引き寄せ抜群!
 
しかもなかなか大き目のサイズなので、普段のデリバッグやエコバッグとしても重宝しそう!また折り畳めば手の平サイズに収まるので、携帯に便利ですね。しかもこの携帯サイズのデザインがこれまた可愛いんです。
 
おそらくこの付録目当てに今回のバイラをゲットされる方もたくさんいるのではないでしょうか☆ガチで注目ですね!
 
 
■■■⇒⇒ 売り切れ注意!!BAILA(バイラ)8月号 2020の予約詳細はココ!!
 
 
 

雑誌

FF8は魔法を「使う」

ジャンクションシステムによって、魔法を「装備」する、と、前回お話ししましたが、
 
じつはさらに特殊なシステムがあります。
 
 
従来、いや2020年現在でも、魔法を使うということはMPを消費するというシステムが定番となっています。そして威力が強い魔法ほど、消費するMPも多くなります。
 
 
しかしFF8の場合は、消費する、というより、使うという感覚に近いかもしれません。
 
使用する、という部分においては意味は同じですが、
 
FF8は持っている魔法の個数で使われていきます。
 
 
例えばファイガを80個もっていた場合、一回の使用につき、一個減っていく。このような感じですね。
 
 
で、確か、この個数はステータスの数値に影響するので、つまりその魔法をジャンクションしていた場合、使えば使うほど、数値が落ちていくシステムだったはずです。
 
 
、、こうして書くと、結構ややこしかったですねw
 
 
以上本日はFF8の魔法の特殊性について述べてみました。
 

FF8のジャンクションシステム

戦闘システムにしろアビリティの仕組みにしろ、やはり作品ごとに趣向が変わります。
 
これは制作者サイドとしては、かなり大変なところだと思うのですが、
 
 
FF8の場合はなかなかどうして特殊ですw
 
 
例えばステータスの数値をアップさせるのに、なんと魔法を装備?します。
 
このジャンクションシステムは、いわゆるレベルに依存せずにステータスをアップさせることができるという特性があります。
 
 
従って、自分のレベルと敵キャラのレベルが連動する今作において、敵キャラを強くすることなく、自キャラの強さを挙げることが可能となります。
 
 
最初はとっつきにくいこのシステムですが、いざやってみるとなかなか楽しかった記憶があります☆
 
 
 

MAQUIA(マキア)9月号に渡辺翔太!予約はココ!

渡辺翔太登場!MAQUIA(マキア)9月号 2020(通常版)の予約情報!!

ロケット式メイクブラシの付録やSnow Manの渡辺翔太くんの登場など、ガチで話題のMAQUIA(マキア)9月号 2020予約もかなり盛り上がっているようです☆
 
 

発売日はいつ?まだ通販や本屋で注文できる?


なおMAQUIA(マキア)9月号 2020(通常版)発売日は2020年7月20日が予定されています。
 
ただ通販でもすでに予約分の在庫が売り切れたところも出るなど、たいへんな人気となっています(汗)
 
 
 ■楽天 ⇒⇒ MAQUIA(マキア)9月号 2020(通常版)
 
 ■Amazon ⇒⇒ MAQUIA(マキア)9月号 2020(通常版)
 

 ■チェック!!⇒⇒ セブンネット
 

 ■ヤフーショッピング⇒⇒ チェック!!
 
 
 ■チェック!!⇒⇒ 紀伊國屋書店
 
 ■ハイブリッド書店 honto⇒⇒ チェック!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

渡辺翔太 美容愛を語る。

ここ最近ですかね、男性の美容意識が徐々に高まってきています。
 
しかしそれがまさかアイドルにまで波及してるとは、、しかもガチで本格派!
 
そのまさかがじつは今回MAQUIA(マキア)9月号 2020に登場する渡辺翔太くんです。
 
それこそ美肌へのフォーカスは男性アイドル随一じゃないでしょうか。
 
実際ご自宅の洗面台などがテレビで放映されたとき、そのさまざなコスメ類の凄さにファンは圧倒されまくりでしたね。
 
 
そして今回のMAQUIA(マキア)では「美容愛を語る」と題した特集が掲載される予定。これはガチでチェックですね☆
 

P.S. 
ちなみに、こういった女子力の高さの反面、料理は全くできないみたいです。このギャップがちょっと男子っぽくて、なぜかホッとしたりもするんですけどね☆
 
 

■■■⇒⇒ 売り切れ注意!!MAQUIA(マキア)9月号 2020(通常版)の予約詳細はココ!!

 
 
 
 

ロケット式メイクブラシが付録!!

さて今回MAQUIA(マキア)9月号 2020(通常版)の付録は、ズバリ ロケット式メイクブラシ!
 
 

 
 
先端をつけ替えれば、これ1本で、アイブロウブラシにアイシャドウブラシ、リップブラシやスクリューブラシと、4種類のブラシを利用できます。
 
もちろん携帯にも便利なので、気が向いたらすぐにメイク直しできますね。
 
 
■■■⇒⇒ 売り切れ注意!!MAQUIA(マキア)9月号 2020(通常版)の予約詳細はココ!!
 
 
 
 
 
 
 
 

本誌特集

今回9月号のメイン特集は、ズバリ「変化にブレない私でいよう!」です。
 
時は移ろい、状況は刻々と変化していきます。しかしそこに惑わされることのない凛とした芯があれば、変わることを恐れず、常に対応できますよね。特集ではどんな切り口で誌面が展開されるのか、とても楽しみです。
 
また、極めたい! 美女アイラインの可能性や夏でも落ちないベース&メイク100問100答など、メイク企画の充実、
 
私に寄り添う、香りセレクション、万能ハンドスキンケアなどのコーナーで色んな情報をゲットできます。
 
さらに秋新色2020BOOKやみんなのベスコス2020上半期など注目企画も見逃せません☆
 
 
■■■⇒⇒ 売り切れ注意!!MAQUIA(マキア)9月号 2020(通常版)の予約詳細はココ!!
   
 
 
 
 
 
 

雑誌

FF8は敵キャラも強くなります、、

90年代後半、次々と人気タイトル、爆発的ヒット作品が発売され、ゲーム市場はおおいに賑わいを見せていました。
 
そしてその一方、ユーザーの批評的見地も多く見受けられました。
 
例えばRPGは、強さを求めて、キャラを育成していく楽しみがあります。しかしいったん強くなってしまうと、その育成という目標も消えてしまい、以前ほど熱中できなくなったりするんですよね。
 
わかりやすい話、敵キャラの体力を超える攻撃魔法を習得してしまうと、一瞬で倒せるようになってしまう、というようなことです。
 
 
ところがFF8はここを打破してくれたんですね。
 
なんと味方が強くなると敵キャラもそれに相対して強くなってくるという点。
 
これは当時のRPGとしては非常に画期的な仕様で、かなり面白かった記憶があります。しかも敵キャラの強さの飛躍が半端なくて、自分たちが強くなればなるほど、敵の攻略が難しくなるという、キャラによってはなかなかハードな作りでした。
 
ただ当時、むしろ難しめのRPGを求めていた自分にとって、まさに的を射たりな展開でした☆
 
 
 

FF8は1999年の年明けに発売されました。

FF8は1999年の年明けに発売されました。
 
圧倒的な評価を博したFF7から、約2年の歳月が流れ、またさらに新しいFFが楽しめるという、期待感満載の発売だったと記憶しています。
 
管理人も当時は早めに予約をして、その発売を非常に楽しみにしていました。
 
 
このFF8の最大の魅力は、なんといってもそのグラフィック。
 
たとえば当時のRPGのキャラといえば、2頭身のデフォルメされたデザインが主流。従って、いわゆるストⅡなどに代表される、リアルな頭身のキャラが動くというのは、わりと夢の世界でした。
 
ところがスクウェアはそこを超えてしまうんですよね。
 
FF8はそれこそリアル頭身キャラが動き回るRPG。まずこのデザインに日本中、いや世界中が驚きました。
 
そしてFF7からさらに進化したムービーも多数収録。CD-ROM4枚という、圧倒的ボリュームをもって発売されたのでした。
 
 
 
 
 
 

FF9とストーリー

まだファミコン時代の頃、ファイナルファンタジーが目指すものは何か?と聞かれ、製作スタッフがズバリ「映画」と答えたのが印象的です。
 
では映画としてのメディアを目指す部分において、まず真っ先に優先されたのは何かといえば、やはりグラフィックだと思われます。
 
例えばいわゆる「ムービー」と呼ばれる場面があります。
 
誰が名付けたのか、今となってはわかりませんが、画面の精細度や密度が上がり、それこそ映画さながらの演出が繰り広げられます。
 
そしてこのムービーをいち早く取り入れたのが、ファイナルファンタジーでした。
 
確かFF7が最初ではなかったかと思います。
 
 
で、FF9にももちろんムービーはあるのですが、今回はどちらかというとストーリーが映画的というか、
 
どこか温かく、そして切ない。優しさに溢れ、時には涙溢れるほど悲しいときも。そういった悲喜こもごもな物語に一喜一憂したものでした。
 
それぞれのキャラの性格や個性はもちろん、いつの間にか生きるとは何かを問いかけられているような、そんな壮大な物語がFF9に確かに存在していたと思います。