懐かしのRIZIN.1

今から4年前の4月、RIZIN.1がスタートしました。
 
このあたりはプライドの復活的な色合いが強く、目玉カードが、
 
田村潔司&ヴァンダレイ・シウバ × 桜庭和志&所英男という、グラップリングのタッグマッチでした。
 
 
ただ、田村と桜庭の寝技対決が見れることや、久々のシウバの日本マット参戦、所のグラップリングスキルと、色褪せない魅力が満載のマッチメイクでしたね。
 
途中でいわゆる回転体というか、流れるような寝技の展開が起こり、解説席の吉田沙保里さんも「おおーっ」とやや興奮気味でした☆
 
実際パウンドがなければ、こういった絶え間ない攻防が起きますし、最近では桜庭さんのクインテッドでも興味深い展開が数多く見受けられます。
 
 
温故知新、管理人も思い出深い試合です☆
 
 
 

SNSでもご購読できます。