朝倉海の勝利、そして堀口との再戦は、、

試合開始から1分8秒間。文字通りノンストップで二人は動き続けました。
 
ジャパニーズMMA史上に残る、圧倒的な打撃戦でしたね。
 
 
もともと堀口恭司選手が完全に有利という下馬評のもと、朝倉海選手が完璧な勝利をものにするという、ガチで凄すぎる結末。
 
 
正直、2019年の日本マットはこの試合が頂点だったんじゃないかと思います。
 
 
基本ルールが整備されればされるほど、上位の選手たちの実力差は、文字通り紙一重なレベルになっていきます。また実力差がなければ当然勝負は拮抗していきますので、派手な試合が行われる確率がどんどん減っていくものです。
 
 
つまりそういった状況もありましたので、それも含めて今回の試合には驚かされました。
 
 
あんなに隙のない堀口選手が実は穴があり、そこを見事にピンポイントで突いていった海選手。
 
 
 
試合後、堀口選手は再戦を希望、そして海選手もそれを快諾。
 
 
次は一体どんな試合になるのか、、早く再戦を見たいですね☆
 
 
 
 

SNSでもご購読できます。