PS5の初年度生産台数は、、

PS5の発売に際し、気になるニュースを発見しました。
 
 
さっくり言うと、発売年の生産台数はPS4より少ないよ、ということ。
 
 
生産台数とひとくちにいっても需要との兼ね合いもありますので、PS4より少ないからと言って、直ちに供給が少ないです!とも言いにくいのですが、、
 
 
こういう点を鑑みるに、ローンチタイトルは何になるのだろう?と思うんですよね。
 
 
今年2020年は、あつまれどうぶつの森、FF7リメイクや聖剣伝説3、またモンハンワールドも魅力満載のアップデートが定期的に実装されています。
 
前半にこの勢いですと、じゃあ後半は?となりますが、さらにファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター、テイルズ オブ アライズと、続々とビッグタイトルが発売されます。
 
 
となると、ローンチタイトルはますます謎ですw

ドラクエも最新作は発売されるようですが、PS5の発売に間に合うとは現状考えづらいです。
 
またモンハンワールド2も前述の通り1のアップデートが頻繁にアップされてますので、これもちょっと考えづらいんですよね。
 
ですので一番可能性があるのはFFの最新作ですね。
 
前作15はもう3,4年くらい前ですので、こちらはやや現実味が高いですね。
 
期待して待ちたいと思います!

大草原の小さな家!キャストもみんな懐かしい!!

昨日の夜、何か映画でも見ようかなと思い、Amazonプライムにログインしてみたんです。
 
すると、なんとあの「大草原の小さな家」が公開中じゃないですか☆
 
懐かし過ぎて「わお!!」って声上げちゃいました♪
 
 
ドラマの放送時期、当時はネットもなく、映像といえばほぼテレビの世界。しかもこの頃は、BSやCSなど、衛星放送もほとんど普及していない時代でしたので、見るチャンネルは現在に比べかなり限られていました。
 
そのため、毎週放送されるような番組は、それこそ日本全国の家庭が視聴していて、誰もが知っているバラエティやドラマがたくさんあったんですよね。
 
で、大草原の小さな家は、確か土曜か日曜の18:00に放映されており、夕食を食べながら視聴していたご家族が多かったのではないかと思います。ですのでそれこそみんなが知っているドラマですよね。
 
私の家も一家団欒、家族全員で毎週大草原の小さな家を見ていました。しかも放映期間は少なくとも5年以上あったと思いますので、幼少期はずっと視聴していました☆
 
 
もちろん今回も久しぶりに視聴します!定期的に初回からずっと見てみたいなって思ってます♪楽しみです☆
 
 

日記

メガイベントの展望

メガイベントに対して、朝倉未来選手から、コナー・マクレガーやメイウェザーの名前が出ました。
 
正直もしこのカードが組まれれば未曽有の盛り上がりとなることは必至ですし、個人的にももちろん見てみたいです。
 
ただ管理人はどちらかといえば、K-1とRIZINの対抗戦のほうが見たいですね。
 
 
マクレガーやメイウェザーのような、想像を覆すようなカードも魅力的なんですけど、K-1 対 RIZINはいわばパンドラの箱。禁断のイベント的な色合いが濃いです。こちらのワクワク感やドキドキ感もたまらないものがあると思うんですよね。
 
 
しかし現実的にはK-1の日程も決まってますし、「全面」対抗戦というのは少し難しいかもしれません。
 
 
ただ一部の選手だけでもメガイベントに参戦するという形はどうでしょうか。
 
 
やはり現時点でK-1の他団体参戦はガチで刺激的ですし、これはリアルに見てみたいですよね。
 
 
今後の動向に注目したいです。
 
 

志村けんさん、ありがとうございました。

最近、志村けんさんを特集した番組や動画を見ています。
 
なかでも一番印象に残ったのが、「自分が笑われること。他人をいじることもなく、自分が笑われることがモットー」といった、ご本人の笑いに対するスタンスです。
 
確かに「アイーン」にしろ「だっふんだ」にしろ、それとひとみばあさんもそうですね、志村さんは自身の動きと表情のみで笑わせてくれます。
 
また近年は、モテないおじさん、カッコ付けたおじさん、そういったキャラでコントドラマを作っていて、こちらもまた自身が笑われることにより、超絶に面白い完成度となっています。
 
もう新しい作品や志村さん自身を拝見することができないのは非常に残念ですが、志村さんが残してくれた数々のコントを見ながら、色んなことを勉強させていただければと思います。
 
志村けんさん、今までたくさんの笑いを本当にありがとうございました。感謝に堪えません(涙)。
 
 
 
 
 
 
 
 

日記

武尊×那須川天心は2020年?色々予想してみました!

この間、夢のカードをいくつか夢想してみましたが、
 
今回は天心と武尊を色々比較してみようと思います。
 
 
まず両者のフィジカルを比較するに、パワーは武尊、テクニックで天心、スピードはやや天心でしょうか。
 
 
また勝負強さに関しては、ピンチになった時の巻き返しで武尊が有利かと思われます。
 
例えば天心はこれまで実力が拮抗した相手とあまり試合をしていません。そしてこれは危なかった、、というシーンもほとんどないです。もちろんそれは天心の実力、ガチで凄いことなのですが、では実際そういったピンチの局面になった時に、どこまで対応できるかが未知数なんですよね。
 
一方武尊は自身のスキルアップと並行して、その時その場所で、わりと拮抗した試合を数々経験してきました。これはヤバいんじゃないかという場面もいくつかありました。しかしそのたびに怒涛の反撃というか、最後はきっちり倒して勝つことが多かったんですよね。
 
 
ですので以上の様々な要素を鑑みるに、現時点で明確な差はないんじゃないかと思います。
 
例えば10回やったら、お互いに勝った負けたを繰り返すんじゃないでしょうか。
 
あとは当日の試合展開、そして運、いろんな部分が交錯して、一方が勝利の雄たけびを上げると思われます。
 
 
いやでも自分で書きながら見たい欲求がさらに高まってきました。
 
なんとか実現してほしいですね☆
 
 
 
 

夢のカードを妄想?2020年

もしメガイベントが夏以降に開催された場合、どんな夢のカードがあるのか、自分なりに想像してみました。
 
 
まずはやっぱり武尊×那須川天心、ですね。
 
現在考え得る夢のカードとして断トツです。個人的にも最も見たいカードです。
 
お互い所属団体がありますので、これまで実現には数々のハードルがありましたが、今日本国内の格闘技マッチとして、これ以上の夢のカードはないと思われます。
 
 
また青木真也×朝倉未来も見てみたいです。
 
こちらも団体が異なったり、契約体重をどれくらいに持ってくるかなど、調整は大変そうですが、いやでも見てみたいですね。グラップラーとストライカーという対極的な立ち位置での対戦ということで、格闘技ファン以外にも見やすい試合になるのではないかと思います。
 
 
そしてこちらは再戦ですね。朝倉海×堀口恭司。
 
堀口選手も手術からしばらく経過し、そろそろ練習に入ったとのこと。万全の状態で再戦した場合、どんな試合展開になるのか、想像するだけでワクワクしちゃいます。
 
 
また女子格としては浜崎朱加×山本美憂も見てみたいです。
 
美憂選手は初参戦の頃に比べると格段に実力がアップしている印象。ここで一度はチャンピオンになった浜崎選手のスキルにどう対応していくのか。こちらも興味津々です。
 
 
 
 
 
 
 
 

またいつの日か、圧倒的に魅力なリングを、、

各種イベントの中止や延期が相次いでいますね。
 
4月の中旬に行われる予定だった総合格闘技大会RIZINも、5月の仙台大会と合わせて中止となってしまいました。
 
現在の状況を鑑みるに致し方ないといったところでしょうか。
 
 
ただ現在のRIZINは以前と比べて、スター選手の数が圧倒的に増えてきました。
 
朝倉兄弟はもちろん、堀口恭二、那須川天心、浜崎朱加に山本美憂、RENAも浅倉カンナもいます。
 
選手たちはファン以上に試合をしたくてうずうずしてるかもしれませんが、ここは焦らずに、じっくりスキルアップにフォーカスしてほしいですね。
 
そしてまたいつの日か、圧倒的に魅力なリングを見てみたいです☆
 
 
 

 

日記

ドラクエⅦ

さてFF7のプラットフォームがプレステに移り、他のメーカーも続々とプレステ版のソフトの発売を開始しました。
 
そして2000年、ついにドラクエⅦがプレステにて発売されました。
 
 
この頃のFFとドラクエを比較するに、最新作の発売はFFのほうが頻度が高かったんですよね。
 
例えばFF7が96年か97年あたりに発売され、その後8が1999年、9が2000年と、次々に新作が出ていました。
 
 
一方ドラクエは95年12月のドラクエ6の発売以降、続編の7が出るまでになんと5年も経過していました。
 
 
ただこの分のギャップというか、少し大げさかもしれませんが、日本全土がドラクエの新作を待っていた!というか、そういった雰囲気が7の発売時期にあったんですよね。
 
 
つづく